トットちゃん

トットちゃん ドラマあらすじ・感想 第39話。徹子、運命の人の言葉

投稿日:

トットちゃん ドラマのあらすじ・感想、第39話です。1年間の研修が終わりました。徹子は、NHK専属俳優となりました。

しかし、相変わらずのガヤでの出演です。しかも、言われた通り自然な演技しても、叱られてしまいます。もう帰っていい、と言われます。

ガヤを6回も降ろされました。そんな時、大岡先生からオーディションを受けるように、と言われました。

ラジオの人形劇で、声優の募集でした。

 

トットちゃん ドラマあらすじ・感想 第8週まとめ。第36話から第40話

 

 

トットちゃん ドラマ第39話あらすじ


引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/totto/

厳しい選考と研修を乗り越え、昭和29年に徹子は、NHK専属俳優となりました。

そして、仕事が始まります。番組「音楽の集い」のスタジオに、笠置シヅ子が入場してきます。徹子たちは、通行人の役です。

徹子は、フロアディレクターの久松から、余計なことはしないよう、通行人として自然にするように、注意されました。

笠置シヅ子が「買物ブギー」を歌い出します。徹子は、買い物カゴを持って通ります。しかし、歌っている笠置を立ち止まって眺めます。

もちろんNGです。徹子は、町を歩いていて、歌を歌っている人がいたら、ビックリする。だから、立ち止まって見るのが、一番自然だと言いました。

徹子は、もういいからと、追い返されました。食堂でぼんやりしていると、大岡が声をかけてきました。徹子は、また降ろされたと言いました。

徹子は、研修時代を入れて、もう6回も降ろされました。降ろされる理由が、徹子には分りませんでした。

大岡は、何度降ろされても、1回大成功すれば、降ろされた歴史は、消えてしまう。だから、この次頑張ればいい、と励ましました。

大岡は、大型ラジオドラマ「ヤン坊ニン坊トン坊」のオーディションのチラシを見せてくれました。そして徹子に、受けなさいと勧めます。

大岡は、子供に夢を届ける、素晴らしい作品だと言います。そして、この作品を書いた、飯沢匡(高橋克典)の名前を覚えておくように、とも言いました。

徹子は、「ヤン坊ニン坊トン坊」のオーディションを受けました。徹子は、トン坊の役です。人形劇なので、声だけの出演です。

そして、ヤン坊は里見京子、ニン坊は横山道代、トン坊は徹子に決まりました。三人は、スタッフに面会をします。そこには、飯沢匡がいました。

徹子は挨拶の中で、自然にします、チャンとします、と言いました。なぜなら、今までさんざん変だと言われてきたからです。

飯沢匡は、徹子に君は変ではない、そのままでいてください。われわれは、あなたのその個性を必要としている、と言いました。

「あなたは、そのままでいて下さい。」徹子は、飯沢先生の言葉を何十年経ても、けっして忘れることは、ありませんでした。

 

 

トットちゃん ドラマ第39話の感想

何度もガヤを降ろされ、変だと徹子は、言われ続けてきました。研修が終わり、俳優となってからも、その状況は同じでしたね。

徹子は、自分のどこが悪いのか、分らないので、変わることができなかったのですね。

たとえば、自然に歩いてください、と言われますね。でも、歩いているとき、町の中で歌っている人がいたら、驚きますね。

そして、何事かと立ち止まって眺めますね。まあ、これが普通は自然です。

しかし実際の町の中ではなくて、スタジオでのテレビ収録です。そのときの自然は、何事もなかったように、歩いて素通りする、と言うことですね。

徹子は、純粋ですから、自然と言われると、日常の反応を考えるのでしょうね。別の対応ができない、応用ができないのだと思います。

だから、自分の何が悪いのか、なぜ叱られるのか理解できなかったのでしょうね。

でも、そんな個性が認められるチャンスが、やってきましたね。人形劇です。

これから、徹子の運命が、大きく開いていくのですね。

徹子の運命の人を高橋克典が演じる


引用元;http://www.tv-asahi.co.jp/totto/

徹子は、研修のときも「変だ」と言われ続けます。そして、何度も降ろされます。

それは、徹子の個性が独特で、他の人と大きく違っていたからですね。だから、人に理解されず、おかしいと思われていましたね。

劇作家の飯沢匡先生は、そんな徹子の個性を認め、採用してくれました。飯沢先生は、そのままでいい、と徹子に言いました。

飯沢匡先生は、徹子の輝かしいキャリアの最初の扉を開いた、運命の人でしたね。そんな飯沢匡の役を高橋克典さんが演じます。

黒柳さんは、高橋克典さんの的確な演技力を高く評価していたそうです。そのため、徹子さんの運命の言葉を心に刻んだ、飯沢役を熱望したそうです。

高橋さんが、運命の言葉を徹子に伝える場面は、必見ですね。

まとめ

徹子が、やっと認められるチャンスを掴みましたね。1年間の研修が終わっても、相変わらずガヤでは叱られます。

もう帰っていい、とは辛いですね。そんな時、大岡先生がチャンスを運んできてくれました。徹子の、独特の個性が認められるときがきます。

徹子の声を聞いて、飯沢先生が身を乗り出す瞬間ですね。

徹子は、人形劇でどんな活躍をするのでしょうか。

 

-トットちゃん

執筆者:

関連記事

トットちゃん ドラマあらすじ・感想 第10週まとめ。第46話から第50話

トットちゃん ドラマのあらすじ・感想、第10週は、第46話から第50話です。 徹子は、向田邦子と出会いました。運命の女性の一人となります。向田は、徹子が運命の男性とめぐり合うときには、いつも一緒でした …

トットちゃん ドラマあらすじ・感想 第59話。徹子、祐介と結婚できるのか

トットちゃん ドラマのあらすじ・感想、第59話です。黒柳家に華子がやって来ました。華子は、パリから戻ってきていました。 パリの街の中で、徹子と祐介が仲良くしているところを、華子に見られていました。朝の …

トットちゃん ドラマあらすじ・感想 第36話。徹子のNHK研修が始まる

トットちゃん ドラマのあらすじ・感想、第36話です。徹子のNHK研修が、始まりました。 3カ月後には、若干名の最終合格者が決まります。最終合格すると、1年の研修を経て、正式な専属俳優として、デビューで …

トットちゃん ドラマのあらすじ・感想 第1週。門山朝と黒柳守綱の出会い

トットちゃん ドラマのあらすじ・感想、第1週目です。いよいよ帯ドラマ劇場「トットちゃん!」が始まりましたね。トットちゃんが生まれる前の両親が出会うところから物語りはスタートします。 今とは違う昭和初期 …

トットちゃん ドラマあらすじ・感想 第33話。徹子の人生の扉

トットちゃん ドラマのあらすじ・感想、第33話です。また、黒柳家に事件が起こります。見知らぬ若い女性が、突然登場しますね。近所では、チョッとした騒ぎになります。 そして、音楽学校の卒業をひかえた徹子に …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

プロフィール



管理人のカンです。
ブログを見ていただき感謝します。
サラリーマンを頑張っています。
毎日の通勤で見つけた、面白いニュースを投稿しています。
時間のお供になれば嬉しいです。
ありがとうございます。

検索のタイトル

検索

検索

”眞子さま&小室圭さん結婚特集”